パール用枠

美術出版

パール用枠

286~990(税込)

獲得ポイント: 7~27 ポイント(3%還元)
※1ポイント=1円で値引きに使用できます
  • サイズ:

    

他の商品イメージ

パール用枠 パール用枠 パール用枠

商品の仕様

パール用枠
小用 外寸:225×160×4mm、内寸:180×120mm
中用 外寸:300×220×4mm、内寸:250×170mm
大用 外寸:300×300×4mm、内寸:250×250mm

材質:ベニヤ製(トムソン打抜き加工済み)

パールフィルムを両面テープで枠に張り使用します。
版は緩いと、インクが横へはみだす原因になるので、なるべくピンと張ります。

商品の特徴

感光法(パール)は、原稿を描いて露光機で1分間露光、水洗いするだけで版ができます。

感光法(パール)の注意事項
 インクは、溶剤を含んでいない水性インクをご使用下さい(油性は不可)。
パールフィルムは160メッシュです。
 版が抜けにくいときは、露光時間を長くするのではなく、逆に短くして下さい。
 パールフィルムを袋から出して、すぐに水洗いすると、表裏に塗布されている乳剤はすべて流れてテトロン繊維のみになります。紫外線が長時間当たれば当たるほど、乳剤は硬化します。
 教材用でよく使用されているシルクスクリーンインクは水溶性のため、10~20枚程刷ると目詰まりが始まります。その際は素早く版を水洗いして下さい。石鹸でよく落ちます。
 日光で露光される場合、日の当たり具合がなるべく均一で、影などのムラの無いところで露光して下さい。
 水洗いは、日光の差し込まない部屋で行って下さい。屋外や窓のすぐ前にある水洗い場では、水洗い中に露光していきます。
 パールフィルムの保管は、袋をガムテープ等でよく閉じて、日光の当たらない場所で保管して下さい。
 版は、なるべくピンと張ります。緩いと、そこからインクが引っかかりムラができ、インクが横にはみ出す原因になります。また、版も目詰まりします。
 インクは、印刷するよりも多めに版にのせます。
 スキージは、なるべく立てます。横に寝かせるとインクが下に落ちません。かすれの原因にもなります。
 シルクスクリーンは基本的に片道1回(多くても往復2回)で力強く一気にすばやく刷ります。
 特に、現在の教材用のシルクスクリーン用のインクは、水溶性で乾きが早いので、何度も往復すると、目詰まりが始まります。

この商品のレビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

この商品を買った人はこんな商品にも興味を持っています

パールフィルム(10枚入) 160M

2,310~6,600(税込)